※コストナー選手が引退?世界選手権の点数が高すぎると話題に…

平昌オリンピックが閉幕してわずか1ヶ月。フィギュアでは世界選手権が開催され、オリンピックで活躍した選手の多くが参加し、また熾烈な戦いを繰り広げました。

男子のフリースケーティングは日本では本日3月24日の20時放送予定ですが、女子はすでにショートとフリーともに演技が終了し、最終的な結果が決定しました。

その結果、女子では樋口新葉選手が見事銀メダルを獲得し、さらに平昌オリンピックで見事4位入賞を果たした宮原知子選手も銅メダルに輝き、世界選手権という大きな舞台において日本人が2人も表彰台に上るという快挙を達成しました。

ちなみに、これは2007年に安藤美姫さんが優勝し、浅田真央選手が2位となった大会以来、実に11年ぶりの出来事となります。

スポンサードリンク

樋口選手はオリンピックに出場できなかったため悔しい思いをしたと大会前に語っていましたが、見事銀メダルということで本当に良かったですね(*^-^*)

宮原選手も、オリンピックでは惜しくも表彰台は逃してしまいましたが、オリンピックという大きな舞台で4位、さらに今回の世界選手権は3位ということで、着実に力をつけているなという印象です。

さて、そしてそんな今回の世界選手権はイタリアの地で開催されたのですが、そのイタリア代表であるカロリーナ・コストナー選手は、今回の世界選手権の演技をもって引退するのではないか?とのうわさがあります。

また、今回の世界選手権では、そんなコストナー選手の点数が高すぎるのではないか?という声も上がり、ちょっとした話題となりました。

ということで今回の記事では、そんな彼女の引退の真偽についてまとめますとともに、点数が高すぎるといわれた理由についてまとめていきたいと思います。

点数が高すぎる?コストナー選手のショートの演技が話題に…

カロリーナ・コストナー選手はイタリア代表の女子フィギュアスケート選手なのですが、そんな彼女はもうしばらく前から世界の舞台で戦っている超一流の選手なので、フィギュアスケートファンであるならばそんな彼女を知らない方はいないでしょう。

コストナー選手は、先日行われた平昌オリンピックは5位入賞、4年前のソチオリンピックでは銅メダルを獲得しているほどの実力を持った選手です。

そして、そんな彼女はその平昌オリンピックに続き、今回の2018年世界選手権にも出場されたのですが、今回はその開催地がイタリアであったため、母国開催ということになりました。

母国開催ということで、コストナー選手の時だけはやはり歓声が他の選手の時とは全然違うというのは視聴者にとってもわかりやすかったと思いますが、そんな彼女は最初のショートプログラムで迫真の演技をし、見事平昌オリンピックチャンピオンであるアリーナ・ザギトワ選手を抑えて首位に立ちました。

しかし、この高すぎる点数について、母国のファンは盛大な歓声を上げる一方で、一部では何か裏があるのでは?という声が挙がりました。コストナー選手は80.27という得点を出したのですが、これは女子フィギュアスケート史上歴代3位というものすごい記録だったのです。

ちなみに、そんな彼女のショートプログラムの滑走は以下の動画でご覧いただけます。

実際はどうだったのか、本当のところはわかりませんが、実際はそのくらいの点数を出してもおかしくない選手ではありますので、不思議な話ではありません。ただ、今回が母国開催だったということもあって、そうとらえられてしまうこともまた仕方のないことなのではないかなとも思います。

結果、フリーではやや失速し4位という結果に終わってしまったのですが、世界のトッププレイヤーであることには違いありません。

しかし、そんな彼女は今回の世界選手権をもって引退するのでは?その噂があります。果たしてこれは本当なのでしょうか?

スポンサードリンク

カロリーナ・コストナー選手が引退?その理由とは…

今回、表彰台こそ逃したものの、世界選手権で4位という素晴らしい結果を残したコストナー選手なんですが、

実はそんな彼女は、今回の世界選手権を持って現役を引退するのでは?との噂があります。

しかし、実はこの引退は公式には発表されておらず、地元イタリアの情報誌が、そんな彼女の今回の出場が最後になるのでは?と報じ、その引退を示唆したうえで、それを惜しむコメントを寄せていたことが引退を噂される理由となったようです。

本人の口から引退についてコメントされない以上あくまで可能性でしかない話ですが、実際、母国開催の世界選手権ということで、引退を考える上ではキリが良いといえるのも事実ですが…

まだまだ世界のトップで戦える実力があるだけに、ここで引退というんはちょっともったいないような気もしますよね。

ちなみに、コストナー選手は現在31歳。ザギトワ選手のような10代の選手が多く活躍するイメージがあるこのフィギュアスケートという競技において、この年齢まで世界トップレベルの実力を維持し、さらに自己ベストを伸ばせるというのはとてもすごいことだと思います。

まさに女子フィギュアスケート界のレジェンド的存在である彼女ですが、果たして今回の大会をもって引退するのか、しないのか、彼女の今後に注目が高まります。

まとめ

今回の記事では、イタリアの女子フィギュアスケーターのカロリーナ・コストナー選手が今回の世界選手権を持って引退するという噂について、その真偽などについて詳しくまとめました。

コストナー選手は、もちろん日本人選手からすると戦わなければならない強敵であるわけですが、31歳になった今でもトッププレイヤーとして君臨している彼女に対して、選手の中でも畏敬の念を持っている選手は多いといいます。

果たして、引退するのかしないのかは彼女に聞いてみないことにはわかりませんが、まだまだ力もあるわけですし、個人的にはまだまだ現役で行けるところまで行ってほしいなと思います(*^-^*)頑張れコストナー選手!

それでは今回の記事は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter アカウント

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)