佐藤大和がかっこいいと評判!身長や血液型を調査した結果…


出典:http://rei-law.com

弁護士は、今の日本ではまさにエリートを象徴するかのような職業であるわけですが、

佐藤大和さんは、そんな弁護士である上に、かっこいいというまさに誰もがうらやむような存在です。

ただ、そんな佐藤大和さんは子供のころからエリート街道を歩んできたわけではなく、実は大学に2浪して合格したという苦労人でもあります。

スポンサードリンク

しかし、大学に入ってからは勉強に目覚め、結果、司法試験に1発合格するという超エリートにまで急成長しました。

そこで今回の記事では、そんなかっこいい佐藤大和さんの経歴や、身長や血液型などをリサーチした結果についてまとめていきたいと思います。

佐藤大和がかっこいい!その経歴がまたすごいんです

天は二物を与えずといいますが、佐藤大和さんは、かっこいいうえに、弁護士というまさに誰もがうらやみそうな存在です。

佐藤大和さんは、テレビなどのメディアにも多数出演されている弁護士の方なので、おそらくテレビで見かけたことがある方は多いのではないかと思います。

特に、フジテレビの番組「バイキング」には、芸能問題に関して詳しい弁護士として、レギュラー出演されています。

ちなみに、そんな佐藤大和さんが映っている動画がこちら↓かっこいいですね。

また、佐藤大和さんは、ドラマなどの監修も務めており、具体的には「リーガルハイ」「グッドパートナー 無敵の弁護士」などの、法律関係の人気ドラマの監修もされているそうです。

そんな、弁護士としてだけではなく、様々な分野で広く活躍されている佐藤大和弁護士なのですが、

実は、その経歴までまたかっこいいものでした。

まず、弁護士というと超頭の良い人しかなれないイメージがありますが

佐藤大和弁護士は、実はもともとは勉強が得意ではなく、むしろ不得意だったと述べています。

なんと、高校生のころは、成績はいつもビリの方だったそうです。

しかし、2浪して三重大学人文学部に合格した後、大学3年生の時、ボランティア活動をきっかけに、「子供たちの笑顔を守りたい」という決意のもと、弁護士を目指すことを決めたそうです。

その後はまさにシンデレラストーリーのようで、その決意からわずか数か月の勉強で、三重大学では初めて法科大学院既習試験に合格し、実際に法学の道に進むこととなります。

ちなみにこの法科大学院既習試験とは、弁護士、検察官、裁判官などの法律のプロフェッショナルを養成するために作られた、「法科大学院」を、2年で卒業するために受ける試験のことです。この大学院は、現在は全国に43校あります。

通常は3年通うことが多く、これを未修者コースと呼ぶのですが、既に法律についてある程度知識があると判断されれば、2年で卒業する既修者コースに進むことができ、そのために合格しなければならないのが、佐藤大和弁護士が受けた「法科大学院既修者試験」と呼ばれているものなのです。

当たり前ですが、このコースに進むのは簡単なことではなく、実際それは、佐藤大和弁護士が三重大学では初めての1人ということからもよくわかります。

しかも、佐藤大和弁護士はもともと法律とは全く関係のない学部でしたので、数か月でその既修者試験に合格するというのは、よほどの要領の良さと勉強量がなければ到底達成できません。本当にすごいですね。

そして、2年で大学院を卒業した佐藤大和弁護士は、その年1年目で司法試験に合格

見事、弁護士としてのキャリアをスタートさせることとなったのです。

佐藤大和弁護士は顔もかっこいいですが、そのキャリアまでかっこいいですね。

スポンサードリンク

佐藤大和弁護士の身長と血液型は?

さて、そんな佐藤大和弁護士の身長と血液型について気になっている方もおられるようなので、詳しく調べてみましたが

佐藤大和弁護士は、血液型はO型

身長は公には公開されていませんが、推定170cm前後ということがわかりました。

ちなみに、日本人男性の身長の平均は、日本全国どこの県の平均を見ても、168~172cmの範囲に収まります。

ですので、佐藤大和弁護士の身長はほぼ平均的と言えるでしょう。

ちなみに、血液型に関する豆知識としては、日本はA型が40%、O型が30%、B型が20%、AB型が10%というような内訳になっております。

また、そういう血液型はよく人の性格と関連付けられて考えられることも多いものですが、実はこれには一切科学的な根拠がなく、むしろそのように血液型で人を差別することは、最近では「ブラッド・ハラスメント」なんて呼び方もされるほど問題視されているものなんだそうです。

まとめ

今回の記事では、弁護士やその他の分野でも活躍中で、かっこいいと評判の佐藤大和弁護士とはどのような方なのか、その経歴や身長、血液型などについてまとめてみました。

佐藤大和弁護士は、2014年にはレイ法律事務所を設立し、その代表として現在活躍されています。

また、4万5000部を突破したベストセラー「ずるい暗記術」などの著作もある他

2017年には厚労省のによる教材作成にも携わるなど

まさに、今大注目の弁護士の1人といっても過言ではないでしょう。

また、テレビなどに出演されている一方で、実際の弁護士としての経験も非常に豊富な方でもありますので、今後の佐藤大和弁護士の活動にも注目です!

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter アカウント

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)