【まさかの順位】女子フィギュア世界選手権ザギトワは何位?

フィギュアスケートは今や日本人の多くの方が熱狂する人気のスポーツになりましたが、今年の平昌オリンピックでは羽生結弦選手が見事2連覇を達成し、女子の方でも宮原知子選手がメダルまであと一歩の4位入賞を果たしたことは記憶に新しいと思います。

そして、その閉幕からまだわずか1か月しかたっていませんが、先日フィギュアスケートの世界選手権が開催され、女子の方では本日3月24日にフリースケーティングまで終了し、その最終的な結果が発表されました。

スポンサードリンク

その結果は記事の中で詳しくお伝えしていくとして、今回驚くべきなのは、平昌オリンピックで見事女王に輝いたアリーナ・ザギトワ選手が、出場したにも関わらずまさかの表彰台を逃してしまったということです。

では、そんな彼女の順位果たして何位だったのか、今回の女子フィギュア世界選手権の結果を見ていきましょう。

まさかの順位…ザギトワ選手は何位だったの?

平昌オリンピックの閉幕からわずか1か月、フィギュアではもうすでに新しい戦いが繰り広げられることとなり、先日、男子女子ともに世界選手権が開催され、女子フィギュアではすでにその最終的な順位までが決定しました。

結論から言うと、トップ5までの順位はそれぞれ以下のようになりました。

  • 1位:223.23点:ケイトリン・オズモンド
  • 2位:210.90点:樋口若葉
  • 3位:210.08点:宮原知子
  • 4位:208.88点:カロリーナ・コストナー
  • 5位:207.72点:アリーナ・ザギトワ

今回の世界選手権では、オリンピックには出場できず悔しい思いをした樋口若葉選手がショートプログラム8位から怒涛の追い上げを見せて見事2位に輝き、宮原知子選手が3位ということで、日本人のダブル表彰台という結果となり、これは安藤美姫さん、浅田真央さんらが2007年に達成して以来11年ぶりの快挙となりました。

しかし、注目すべきポイントはそこだけではなく、おそらくフィギュアスケートファンにとってびっくりなのは、平昌オリンピックでは圧巻の演技を見せ金メダルに輝いたザギトワ選手が5位にいるということだと思います。(ちなみに、平昌オリンピックで2位になったメドヴェージェワ選手はケガのため欠場しています。)

また、その平昌オリンピックの5位までの順位はそれぞれ以下のような結果だったのですが、結果、ザギトワ選手はその平昌オリンピックの得点と比べると20点以上も点数が低く、ちょっと驚きの結果となってしまったのです。

  • 1位:239.57点:アリーナ・ザギトワ
  • 2位:238.26点:エフゲニア・メドヴェージェワ
  • 3位:231.02点:ケイトリン・オズモンド
  • 4位:222.38点:宮原知子
  • 5位:212.44点:カロリーナ・コストナー

メドヴェージェワ選手が不在という点を除けば、5位までの顔ぶれは平昌オリンピックと今回の女子フィギュア世界選手権とでほとんど変わっていませんね。平昌オリンピックで5位までに入っていた4人が、今回の世界選手権でもまた上位5人に入っています。

では、今回なぜザギトワ選手はこれほどまでに点数が下がってしまったのでしょうか…

スポンサードリンク

ザギトワ選手が5位転落…その理由とは?

今回、ザギトワ選手は5位という本人にとってもショックだったであろう順位に終わってしまいましたが、そんな彼女はショートプログラムを終えた時点ではカロリーナ・コストナー選手に次ぐ第2位に着けていました。

ちなみに、この時点では

カロリーナ・コストナー選手が80.27点
アリーナ・ザギトワ選手が79.51点だったので

ザギトワ選手は十分に優勝圏内でした。

しかし、会場がまさかのどよめきに包まれたのは、その優勝のカギを握るフリースケーティングのことでした。なんと、平昌オリンピックではあのメドヴェージェワ選手を破るほどの圧巻の演技を見せたザギトワ選手が、3度も転倒するという連続ミスをしてしまったのです。

そのまさかの出来事に会場には悲鳴が響いたといいますが、本人にとってもよほどショックな出来事だったようで、演技後には涙を流し、点数が表示された際には思わず顔を手で覆う場面もありました。

結果、ザギトワ選手はフリーで追い上げるどころかまさかの大失速となり、結果5位という順位になってしまったのです。

もちろん、世界で5位ですから素晴らしい結果であることには違いないのですが、オリンピックでの活躍があっただけに、驚いた方も多いでしょうね。

しかし、平昌オリンピックでの演技がすごかっただけについつい忘れがちですが、そんな彼女はまだ15歳。オリンピック後には取材などもあって疲れていた中での挑戦だったことでしょうし、是非今回のことはあまり気にせずにまた次の機会に自分の演技ができるように応援したいと思います(´▽`*)

まとめ

今回の記事では、本日終了した2018年女子フィギュア世界選手権において、ザギトワ選手は何位だったのか、その順位についてまとめました。

まさかの順位に終わってしまったザギトワ選手ですが、まだ15歳ということでこれからいくらでもまたリベンジする機会はあると思います。是非ここでめげずにまた頑張っていただきたいですね。

また、公式には発表されていませんが、カロリーナコストナー選手は本大会で引退なのでは?という噂もありました。ショートプログラムでは抜群の演技を見せていましたのでまだまだやれそうな気もしますが、現在31歳ということで、もし引退されるのであればここまで頑張ってきた彼女にお疲れさまでしたと言いたいですね(*^-^*)

それでは今回の記事は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter アカウント

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)