※小平奈緒選手が地元で凱旋祝賀パレード!その動画がこちら…

およそ1か月前に閉幕した平昌オリンピック。

日本は、歴代最多となる13個のメダルを獲得し、大いに盛り上がりましたが、

そのオリンピックにて、見事、金メダルと銀メダルを獲得したスピードスケートの小平奈緒選手が、本日、地元の長野県茅野市にて凱旋祝賀パレードを行い、それを一目見ようと大勢の人が集まりました。

スポンサードリンク

小平奈緒選手は、金と銀に輝く2つのメダルを首にかけて凱旋祝賀パレードに臨み、周りには大勢のファンの方々がいて、声援を送っていました。

ということで今回の記事では、そんな小平奈緒選手の凱旋祝賀パレードの様子についてまとめますとともに、彼女が見事メダルを獲得したオリンピックをここでもう一度振り返ってみたいと思います。

小平奈緒選手が凱旋祝賀パレード!その動画がこちら!

およそ一か月前に幕を閉じた平昌オリンピックにて、見事2つのメダルを獲得した小平奈緒選手は、長野県にある茅野市出身のスピードスケーターです。

前回のソチオリンピックでは、1000メートルでは13位、500メートルでは5位という悔しい結果に終わっていた小平奈緒選手ですが、その後その雪辱をばねに厳しいトレーニングに臨んだ結果、その努力が実を結び、今回見事500メートルで金メダル、そして1000メートルで銀メダルを獲得しました。

そして、その2つのメダルを手に、本日3月25日、彼女はその地元長野県の茅野市で凱旋祝賀パレードに臨み、ファンの方々を大いにわかせました。

ということで、そんな凱旋祝賀パレードの様子を動画でご覧ください。

小平奈緒選手、本当に良かったですね(*^-^*)沢山のファンの方に声援を送られてとても嬉しそうな小平奈緒選手でした。

小平奈緒選手が今季飛躍的に実力がアップした理由とは?

今回、平昌オリンピックにて見事2つのメダルと獲得された小平奈緒選手ですが、先ほども言いましたように、そんな彼女は前回のソチオリンピックでは、まさに惨敗ともいえるような結果に終わってしまっていました。

しかし、今回の平昌オリンピックに臨む少し前、2017年12月10日には女子1000メートルの種目で世界記録を樹立され、まさに最高のコンディションの中でオリンピックを迎えることができました。

ソチオリンピックでは13位に終わってしまっていたこの種目で、4年余りで世界記録を更新するまでになるというのはものすごいことですよね(*^-^*)

では、そんな彼女はどうやって今回金メダルを獲得できるようになるまでの実力をつけることができたのかというと、これには、そのソチオリンピックに出場後、失意の中で挑戦したオランダ留学がカギを握っていました。

スポンサードリンク

ソチオリンピックで圧倒的な実力を示したオランダ

冬のオリンピックでは欧州の国々の選手らが強いというのはなんとなく皆さんも感じているところだと思いますが、前回のソチオリンピック、特にスピードスケートではその傾向が顕著にみられ、オランダ勢がほとんどのメダルを独占するという事態になりました。

その当時の結果を見ていただくと皆さんも驚くと思いますが、男子女子ともに、スピードスケートのほとんどの種目でオランダ人がメダルを獲得しています。女子1500メートルに至っては表彰台に上がった3位までの選手みんなオランダ人です。

具体的に説明すると、スピードスケートにおける金、銀、銅の35個のメダルのうち、なんと23個がオランダ人選手によって獲得されてしまったのです。

表彰者はほぼオレンジ一色となり、オランダが強すぎると話題となりました。

そして、そんな現状を見て小平奈緒選手は「オランダには何かある」と確信し、海を渡ったそうです。

当時はそんな小平選手に対して否定的な意見も…

小平奈緒選手はソチオリンピックの時点で27歳。

そこから、1人海を渡って異国の地に飛び込んでいくというのは相当の覚悟が必要だったのではないかと思いますが、彼女はソチオリンピックが終わって間もなくして、単身オランダへと渡り、トレーニングを開始しました。

しかし、中にはそんな彼女のチャレンジに対して否定的な意見もあったと言います。

というのも、オランダが強いということは間違いありませんが、日本人とオランダ人とでは骨格、体格には大きな違いがあり、ソチのオリンピックの結果も、色々な条件がオランダ人の体格にあったからそうなったのであって、必ずしもオランダに行けば強くなれるとは限らない、と考えている方もいたためだそうです。

まあ、そんなことは全くオランダでのトレーニングを中断する理由にはならないと思いますが、結果的にいえば、その小平奈緒選手のオランダ留学は確実に彼女にとってプラスとなり、2014年の11月には500メートルの種目で初めての優勝を果たします。

その後、めきめきと力をつけた小平奈緒選手は、2017-2018年シーズンには500メートルの種目でなんと15連勝というまさに敵なしと言えるほどの実力をつけるほどにまで成長しました。

こうして改めて振り返ってみると、小平奈緒選手がどれだけすごいのかということがよくわかりますね。小平奈緒選手本当におめでとうございます!(*^-^*)

まとめ

今回の記事では、本日、スピードスケートの小平奈緒選手が地元の長野で凱旋祝賀パレードを行われたということで、その動画を紹介し、さらにそんな小平奈緒選手がオリンピックでメダルを獲得するまでの経緯についてご紹介いたしました。

まさに、スピードスケート大国ともいえるオランダですが、小平奈緒選手のオランダ留学はまさにナイス判断だったわけですね。

そして、その自分の決断を信じて努力をし続けた結果がメダルという結果につながったのではないかと思いますが、そんな小平奈緒選手は本当に素晴らしいスポーツマンだと思います。

今後も競技を続けていくのかどうかはわかりませんが、まだまだ実力もありますし、是非次のオリンピックにも出場して、またメダルと獲得していただきたいですね(*^-^*)

それでは今回の記事は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter アカウント

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)