※話題の森友文書改ざん問題をわかりやすく解説!着地点はどこなのか…

泥沼化している「森友文書書き換え問題」ですが、正直、ここまで長引くとは驚きですし、あまりにも長引くので、結局何がどう問題なのかよくわからないという方も多いことでしょう。

そもそものこの一連の問題の本質は、学校法人森友学園による小学校の新設にあたり売却された国有地が、8億円の値引きをされていたということで、その理由とは果たして何だったのか?というところなんです。

もっとわかりやすく言うと、森友学園の名誉校長としてもともと安倍総理の妻である安倍昭恵夫人の名前があったわけですが、そういう政府関係者の要人が関与していたという理由から、不当な値引きが行われていたんじゃないの?というのが問題となっているわけです。

スポンサードリンク

もともと、9億5600万円の土地を(本当はもっと高かった)、約8億円値引いて、結果1億3400万円で売却されたわけですが、そんなに値引いた根拠はなんなの?というところがいつまでたっても解決しないので、こんだけ長引いているという部分があるんですね。

ということで今回の記事では、その森友文書書き換え問題などに関する情報を、わかりやすく解説していきたいと思います。

さらに、その問題の着地点はどこなのか、という部分についても説明していきたいと思います。

森友文書書き換え問題とは?わかりやすく解説します!

森友学園をめぐる問題の本質は、先ほども言いましたように、土地の売却を巡って、不当な値引き、価格交渉があったのではないか?というところです。つまり、8億円も値引きしたのはどうして?ということですね。

これは表向きは、その土地には沢山のゴミが埋まっているので、その撤去費用に8億円くらいはかかるだろう、ということになっています。しかし、実際どのくらいのゴミが埋まっていたのか、それを確認した資料などもしっかりとは残っていないことから、いやいやおかしいだろ!ということになっているんですね。

つまり、その8億円という額には、何らかの不当な配慮があってのことなんじゃないの?ということです。

では、ここで「森友文書書き換え問題」とはいったいなんなのか?という話になりますが

まず、学校法人森友学園が、新規の小学校建設にあたり、土地を購入したというのは先ほども説明した通りですが、

この国有地は、財務省本省の理財局と、近畿財務局によって管理されていました。

そして、土地を購入するということは、当然その商談の記録、稟議書、決裁書などの文書が残っているわけなんですが、これらを総称して、「森友文書」と呼んでいるのです。

そして、その8億円という値引きについて、この1年間野党は追及を続けてきたわけなんですが、財務省は、交渉について不当な価格交渉なんてありませんでしたよ、と説明するために、その森友文書のコピーを国会に提出していたんです。

しかし、2018年3月2日、朝日新聞が、その森友文書のコピーは、原本とは異なるということをスクープし、自体はさらに悪化します。

この朝日新聞の記事の内容を受け、財務省はついに文書の改ざんがあったことを認めます。そして、なんと14の決済文書の中で、計310箇所もの改ざんがあったことを認めたのです。これは、公文書偽造にあたる大スキャンダルです。

これが、「森友文書改ざん問題」として現在話題になっている問題の全容です。

スポンサードリンク

森友文書書き換え問題の着地点とは?安倍総理は関与しているのか

もう1年以上にわたって国会で論争が続いている森友学園をめぐる問題ですが…

結局、この問題の着地点はどこにあるのかといい加減嫌になっている方も多いことでしょう。

先ほど3月2日に朝日新聞が森友文書改ざん問題を指摘した、と説明しましたが、

その5日後には、その国有地の売却を担当していた近畿財務局の男性職員が自殺をしていますし、

これ以上そういう被害者が出る前にも、早急に事態を収束していただきたいところです。

結局、この問題の着地点はどこなのかというと、

安倍政権内に、もしさらなる不正があったのであれば、それを洗いざらい吐き出してもらうほかありません。

安倍総理は以前、2017年2月19日の衆議院予算委員会にて

私や妻が関係していたということになれば、総理大臣も国会議員もやめる

と発言してしまっているので、すでに引っ込みが付かない中で様々な答弁に応じているわけなんですが。

実際、どの程度関与があったのかというのは現時点ではよくわかっていないところではあります。

とにもかくにも、国民が感じていることは

「他にもっとやることがあるんだから、国会マジでいい加減にしろ」

というところだと思いますので笑、なるべく早く事態を収束していただきたいと思います。

まとめ

今回の記事では、事態がなかなか収束しない森友学園をめぐる問題について、何が起こっているのかよくわからないという方のためにその内容をわかりやすく解説しました。

人が1人亡くなるという事態にまで発展してしまった今回の問題ですが、これだけ話題となっている文書の偽造をその亡くなられた職員の方が独断でやったということは考えにくいですし、まあ、何かしらの圧力があったのでは?と考えるのが自然ではありますが、

では、その圧力とははたしてどこからのものだったのか、どこまでの人が関与していたのか、というところが、今はまだ謎に包まれているところなんですね。

この問題をめぐっては、まだまだここに書いていないところで注目したい部分も沢山あるのですが、それはまた別の記事で詳しくまとめていけたらと思います。

それでは今回の記事は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter アカウント

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)