※清宮幸太郎選手が入院!その理由はストレスが原因か?…

出典:http://number.ismcdn.jp

高校通算111本塁打を放ち、鳴り物入りで日本ハムに入団した清宮幸太郎選手。

まさに「怪物」の名にふさわしい彼ですが、そんな清宮幸太郎選手は、3月12日の夜に体調不良を訴え、広島遠征から東京へと戻り、都内の病院に入院していたということがわかりました。

診断の結果は、腹腔内の一部に炎症が起こる、限局性の腹膜炎と診断されたそうで、清宮幸太郎選手は1人1軍での試合から離れる形となりました。

高校から彼を応援しているファンの方からすると悲しいことですが、まずは何より体を治すことが優先ですので、清宮幸太郎選手には是非しっかりと体調を整えてまたチームに戻ってきてほしいですね。

スポンサードリンク

そんな清宮幸太郎選手、実は体調不良を訴えたのは今回だけではなく、実は先日の2月22日にも急性の胃腸炎と診断されており、ここのところ体調を崩しがちだということがわかりますが、

これにはおそらく、ストレスが理由となっているという部分も少なからず関係しているのではないかと思います。

そこで今回の記事では、そんな清宮幸太郎選手に今何が起こっているのか、詳しくまとめていきたいと思います。

清宮幸太郎選手が入院…その理由とは…

清宮幸太郎選手は現在緊急入院をしている形になりますが、その理由となっているのが、限局性の腹膜炎という病気です。

この限局性腹膜炎とは、その名前の通り腹膜に炎症が生じる症状の一種で、このうち、その炎症部位が限定されているものを限局性の腹膜炎といい、炎症が腹膜全体に及ぶものを汎発性(はんぱつせい)の腹膜炎というそうです。

もちろん、全体に炎症が及んでしまう汎発性腹膜炎の方がより重篤なものであり、この汎発性という言葉には「全身の至る所に及ぶ」というような意味があります。

とはいえ、限局性の腹膜炎も症状がひどくなると汎発性の症状に移行してしまう可能性もありますし、実際に入院しているというところから考えても、その症状は決して楽観視できないものであるということがわかります。

また、彼は2月にも急性胃腸炎との診断を受けていますし、ここのところ体調を崩しがちであるといえそうです。

高校野球では周りの期待に応えるかのようにものすごい活躍を見せた清宮幸太郎選手ですが、そんな彼は今プロの世界で大きな1つの試練を迎えているのかもしれません。

スポンサードリンク

清宮幸太郎選手の体調不良の原因はストレス?過去にはあの有名選手も…

出典:https://www.fnn-news.com

断定的なことは言えませんが、清宮幸太郎選手のここのところの体調不良の理由には、少なからずストレスが関係しているのではないかと考えられます。そのストレスとは、周りからの過剰な期待と、そこでなかなか結果を残すことができないことから来るストレスです。

実は清宮幸太郎選手、今回入院となった12日の前日に行われた試合で4打席4三振という結果に終わっており、これで19打席無安打という結果になってしまいました。

その4三振の次の日に腹膜炎を起こしたということで、もともと体調が思わしくなかったところもあると思いますが、その4三振からくるストレスが少なからず体調の悪化につながってしまったのではないかと思います。

胃腸炎、腹膜炎というようなお腹の病気には、少なからずストレスが関係性しているように思えるのは私だけではないでしょう。過去には、WBCの舞台でなかなかヒットを打てなかったあのイチロー選手も、実は極度のストレスなどから胃潰瘍になっていたという話も話題になりました。

もちろん、その胃潰瘍が100%ストレスから来ていたとは言えませんが、ストレスからくる疲労などがそういった体調の悪化につながっていた部分というのはおそらく大きな理由になっていたのではないでしょうか。

清宮幸太郎選手はなまじ高校であれだけのすごい記録を残してしまっただけに、やはりプロの舞台でもついつい見ている人はホームランなどを期待してしまいます。

しかし、彼はまだこの間まで高校生だったわけですし、本人にはまだまだ焦らずにプロの世界に少しずつ慣れていってほしいですね。このままケガや病気などでプロの世界から消えてしまうにはあまりに惜しい選手ですからね(・_・;)

まとめ

今回の記事では、現在限局性の腹膜炎で入院されている清宮幸太郎選手について詳しくまとめさせていただきました。

清宮幸太郎選手はパワーはすでにプロでも十分に通用するレベルだとは思いますが、この間まで高校生だったわけですし、プレッシャーを感じるなというのも無理な話ですが、是非ケガなどには気を付けてのびのびとプレーしていただきたいなと個人的には思います。

もちろん、今彼は野球を仕事としてやっているので、結果を出せないことにストレスを感じるのは当たり前のことですけど、それでつぶれて行ってしまうのは悲しいですからね。

プロ野球って、ドラフト1位でもいつの間にかいなくなってしまう人もいれば、ドラフト外からの入団でも1流に上り詰める人もいますし、本当に過酷な世界ですよね。

ただ、清宮幸太郎選手は間違いなく一流の選手になれる素質がありますので、是非この先長くプロの世界で活躍できるようになるためにも、まずは体調をしっかりと整えて帰ってきていただきたいと思います。

それでは今回の記事は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter アカウント

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)