※無良崇人が引退を表明!同い年の浅田真央の反応、コメントは?…

今シーズンは冬季オリンピックが平昌で開催され、羽生結弦選手が2大会連続の金メダルを獲得するという快挙を成し遂げたことで大いに盛り上がりましたが、

そんな嬉しいニュースとは裏腹に、男子フィギュアスケート界では、トップスケーターの1人としてフィギュアスケート人気を支えてきた無良崇人選手が本日3月16日に引退を表明し、ファンとしては悲しいニュースが舞い込んできました。

無良崇人選手といえば、2014年には四大陸選手権で優勝を果たし、一躍注目の的となったものの、その後はなかなか思うような結果を出すことができずに、今期の平昌オリンピックもその代表を惜しくも逃していました。

スポンサードリンク

しかし、彼は間違いなく日本男子フィギュアスケート界を引っ張ってきた1人ですし、ファンも多いことから、今回の引退表明については、それを惜しむ声も多いようです。また、この引退について、無良崇人さんと同い年であるあの浅田真央さんもコメントを寄せたみたいです。

そこで今回の記事では、そんな無良崇人選手の引退に関する話を中心に、彼がどのような人物だったのか改めて詳しくまとめていきたいと思います。

引退を表明した無良崇人選手のプロフィールまとめ!


出典:http://todaynews01.com

無良崇人選手は1991年2月11日生まれの現在27歳。

元フィギュアスケーターとして活躍されていた父の無良隆志さんの影響を受け、3歳のころからフィギュアスケートを始め、その父がコーチを務めながら二人三脚で頑張って努力を重ねてきました。

そういった努力が実を結び、2007-2008年のシーズンには全日本ジュニア選手権で優勝も果たし、無良崇人選手は徐々にその存在が注目されるようになっていきました。

そして、その注目を集める極めつけとなったのが、先に説明した2014年の四大陸選手権での優勝です。もちろん、それまでも注目の選手だったことには間違いありませんが、この優勝は周りにインパクトを与えるものでしたし、当人にとっても非常にうれしいものであったと思います。

しかし、そんなトップフィギュアスケーターの無良崇人選手ですが、実は彼は結局オリンピックの舞台に立つという夢はかないませんでした。

コーチである父とその舞台に立つことを楽しみにしていたファンも多いですし、本人もその舞台に立ちたかったのは間違いありませんが、2014年のソチオリンピックでは羽生結弦選手町田樹選手高橋大輔選手が3枠の代表枠を勝ち取ったため出場はかなわず、

今回の平昌オリンピックでは、羽生結弦選手宇野昌磨選手田中刑事選手が3枠を勝ち取ったため、結果無良崇人選手の出場はかなわなかったのです。

こう考えると、日本の男子フィギュアスケートのレベルは年々どれだけ高くなっているんだということを痛感しますね。そして、2大会連続でオリンピックに出場するだけでもすごいのに、2大会連続で金メダルを獲得された羽生結弦選手がどれだけすごいのかということもよくわかります。

また、先日行われた平昌オリンピックへの出場資格を得るにあたり、無良崇人選手は田中刑事選手と残り1枠を争うかたちで全日本選手権で戦ったのですが、その大会では宇野昌磨選手が優勝し、田中刑事選手が2位、無良崇人選手が3位という結果に終わったため、田中刑事選手の出場が濃厚となり、結果無良選手の出場はかないませんでした。(羽生結弦選手はケガで棄権)

しかし、かつて四大陸選手権で無良選手が優勝されたときには、無良選手は242.56点で優勝したのですが、この大会で田中刑事選手は178.91で17位に終わっており、この時点では無良選手の方がレベル的には高かったといっていいのではないかと思います。

なので、本当に無良崇人さんはオリンピックに出場しても全然おかしくないレベルの選手だったんです。もちろん、他の選手もみんな全力で競技に取り組んでいるので勝負の世界では仕方のないことですが、無良崇人選手にオリンピックに行ってほしかったなと思っている人は沢山いるでしょうね。

スポンサードリンク

実は同い年!浅田真央選手のコメントとは?


出典:http://dcdn.cdn.nimg.jp

浅田真央選手と言えば、世界的に見ても非常にファンが多い女子フィギュアスケート界のまさにカリスマ的存在でしたが、そんな浅田真央選手は、実は今回引退を表明した無良崇人さんと同い年で、現在27歳です。

浅田真央選手は、そんな無良崇人さんよりも一足早く、2017年の4月10日に引退を表明しました。

浅田真央選手は、2014年のソチオリンピック直後にしばらく休養期間に入り、2015年の5月に現役続行の意向を表明。

それから2017年の引退まで現役選手として活躍してきましたが、そんな浅田真央選手の引退を惜しむ声は数多くあがったのをよく覚えています。

そして、その浅田真央選手が引退するときには、同い年のスケート選手としてスケート人気を支えてきた無良崇人選手は

同い年という縁から互いに励まし合い頑張ってきた仲間。数々の名演技を残し、今もなお彼女の演技を観たいファンがたくさんいる。寂しさは否めない。

だけど、これだけは言いたい。真央が居たから、僕らもここまで頑張れた。彼女のファンとして、また元気な姿を見れる日を心待ちにしているよ。お疲れ様!

とコメントしたそうです。

この時点で、無良崇人選手の中には自身の引退についても何らかの考えがあったでしょうし、やはり盟友とも呼べる同い年の仲間が引退してしまうというのは悲しいことだったんでしょうね(._.)

そして、今回は逆に無良崇人選手が引退を表明したわけですが、それについて浅田真央さんは

同期として頑張ってきた仲。最後のシーズンは私の方が先に引退する形になりましたが、最後まで応援していました。お疲れさまです、と言いたい。

と語ったそうです。

ちなみに、無良崇人さんが引退を表明されたのは浅田真央さん座長のアイスショー、「浅田真央サンクスツアー」でのことで、浅田真央さんは無良崇人選手の引退についても知っていたようで、会見では浅田真央さんから花束が贈られるシーンがありました。

フィギュアスケート界には頼もしすぎる後輩がどんどん出てきていますし、無良崇人さんにはこれまで本当にお疲れ様でしたと言いたいですね。

まとめ

今回の記事では、現役引退を表明された無良崇人さんのプロフィールについてまとめますとともに、同い年のスケーターである浅田真央さんのコメントなどについてまとめさせていただきました。

無良崇人選手は、今後はプロスケーターとして活動する一方で、指導者としての勉強も始めるそうです。

父親がフィギュアスケートの指導者でもありますし、そういう意味では非常に頼もしい方が身内にいるので、無良崇人選手も良い指導者になるのではないかと思います(*^-^*)是非頑張っていただきたいですね!

それでは今回の記事は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter アカウント

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)