※福田事務次官がすぐに辞めない理由はなぜなのか?

先日4月12日に発売された週刊新潮にて、女性記者に対するセクハラ疑惑が報じられた財務省トップの福田純一事務次官

その後、セクハラの現場で録音されたとされる音声データも公開され、福田事務次官は現在かなり窮地に追いやられていますが、

その当の本人は、

「女性記者に対して、その相手が不快に感じるようなセクシャル・ハラスメントに該当するような発言をしたというような認識はない。」

と、週刊誌が報じた事実に対して真っ向から否定しています。

スポンサードリンク

ただし、発言自体を否定しているわけではなく、あくまで否定しているのは「女性記者に対して言った」ということです。

そのうえで、公開された音声データは、夜のお店に足を運んだ際に、その女性スタッフに対して言ったかもしれないといった曖昧な対応をしています。

そして、そのうえでもし被害にあったという女性記者がいるのであれば、弁護士を通じて面会してほしいということで現在話を進めているわけですが、

これは、相手が女性記者かどうかにかかわらず、そういう疑いをもたれているということ自体がある種アウトなことです。

そういう意味では、前の佐川さんと同じように辞任、もしくは更迭は避けられないのは間違いありませんが、現在は女性記者の対応を待っているところで、ある種の「時間稼ぎ」をしているような状況となっています

では、なぜ福田事務次官はすぐに辞めないのか、その理由を詳しくまとめます。

福田事務次官はなぜすぐに辞めないのか、その理由とは?

福田事務次官は、あれほど恥ずかしい音声データを出されてしまったのに、なぜすぐに辞めないのか。

その理由が気になるところですが、実はこれには様々な事情が絡んでいます。

まず、1つ目の理由は「福田事務次官が本当にやっていない可能性がある」ということです。

発言自体は間違いないものだとは思いますが、現時点では相手が本当に女性記者だったのかということが明らかになっていません。

あそこまで生々しいデータが公開されてしまうと、なんとなくそれを聞いた側はそれが間違いのないもののように感じてしまいますが、当の福田事務次官は、名誉棄損で提訴するとまで言っており、かなり強気の姿勢です。

しかし、実はここも1つ引っかかるところであり、もし本当に間違いなく身の潔白に自信があるのであれば、福田事務次官は民事訴訟である提訴ではなく、刑事告訴に踏み切った方が良いんです。その方が、なにがあったのかよりはっきりしますので、本当は週刊新潮が嘘の証言をしているのであれば、週刊新潮は終わりです。

ただ、ここはとりあえず提訴するぞということで、相手方の女性が出てきづらいように圧力をかけているのでは?という見方もできます。なので、やはり被害を訴えたとされる女性が出てくるかどうかというのはすごく重要なポイントになるでしょう。

また、すぐに辞めない2つ目の理由は、そういった提訴云々を起こすことによって、時間を稼ぎたいということです。

というのも訴訟に持ち込んでしまえば、もし国会で何かを問われても、今捜査中ですということで一連の騒動の解決までに時間を稼ぐことができます。

そして、なぜ時間を稼ぎたいのかというと、それはやはり今福田事務次官が辞めてしまったら、財務大臣である麻生氏も責任をとらなければならないことは免れないからです。

以前文書書き換えをめぐる財務省内のゴタゴタがあったことは皆さんもご存知だと思いますが、ここで福田事務次官があっさりセクハラを認め、佐川氏と同じようにまたしても辞職しようものなら、財務省はどうなってんだということで、麻生氏も辞任などの責任をとらなければならなくなる可能性は高いです。

そうなると、イコール安倍政権も終わりというような流れになりますので、ここは何とかこらえて時間を稼ぎたいという狙いがあるのではないかと思われます。

3つ目の理由は、前の文書書き換え問題は結局佐川氏が1人で「トカゲのしっぽ」となり辞職したことはご存知の方も多いと思いますが、その結果、財務省だけが悪者になって終わらされた感じであったため、

本来内閣全体での責任を問われなければならないという意味で「なんで財務省ばっかり…」という思いもあり、すぐに辞職という選択はとらなかったのかもわかりません。

ただ、今回は文書書き換えとは違って明らかに福田事務次官個人の問題なので、そういう意味では八つ当たりに近いですし、可能性としては低いと思いますが笑。

ただ、これまで事務次官として尽くしてきたことは間違いないですし、前回財務省が犠牲を払っただけに、内閣からも助け船を出してほしかったのかもしれません。ただ、報道によると辞職は避けられないようです。

スポンサードリンク

女性記者が名乗りを上げるかどうかがポイント

今回の騒動は、結局のところ被害にあったという女性記者が出てこないことには解決しません。

また、公開された音声データは女性の声が消されてしまっているため、あれだけでは福田事務次官が100対0で悪いという話で終わってしまい、実際これはかなり理不尽な話でもあります。

また、報道によるとバーで1対1の場面での発言といわれているのですが、テープの会話もなんとなく不自然ですし、どこかが切り取られているようにも感じられます。

ですので、女性の音声が入った元データを聞かなければ話は進展しないということがまず1つで、それ以上に重要なのがやはり女性が名乗り出るということです。

名乗り出るといっても公の場に立つわけではなく、弁護士を通じて話し合えばいいわけです。ただ、そういったことがないようにと願って訴訟を起こすと福田事務次官側が言っている可能性もあるという話ですが。

また、今回この音声データは週刊新潮によって公開されたわけですが、この辺りを考えると、本当にセクハラをかなり嫌がっていたか、それとも政権に打撃を与えたかったのかというまたここで様々なことが考えられます。

そもそも、女性記者は普通セクハラがあったとすれば、それを会社の上司などに相談すれば良いのに、直接持ち込んだという話です。上司にもみ消されるのを恐れてのことなら、セクハラ行為に対してかなり不快な思いをしていたということになるでしょう。

福田事務次官、セクハラ発言は当たり前だった?

今回の福田事務次官のセクハラをめぐる騒動は、関係者からすると「今更?」というような話であったといいます。

というのも、言い方は悪いですが、福田事務次官のあの手の発言は前々からあったような話で、いわば「ご挨拶」のようなもの。

しかも、ほかの女性記者からは、「あの手の発言は前からあったものの、実際は口だけで手を出してくるようなことはなかったので、安心して会えた」なんて言葉も出ているようです。

と言っても、これもそのまま鵜呑みにはできませんが。

ただ、福田事務次官は部下の面倒見もよく、普段かなり評判のよかった方だそうで、今回週刊新潮、および野党からは叩かれるはめになっているわけですが、与党内から彼を批判する声はほとんどないそうです。

また、この人は東大法学部在学中に司法試験に合格し、全体の5番の成績で旧大蔵省に入ったまさにエリート中のエリートですが、人付き合いも非常にうまく、政治家からの評判もかなり良い人物だったようです。

ただ、もし今回のセクハラが事実とするならそれはやはり責任を取らなければなりませんが、今回この話を出されたタイミングというのがこれだけ大ごとになった1つの理由でしょう。

今後、政府はどのような対応を進めていくのか、注目です。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter アカウント

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)