※籠池理事長はいつ、なぜ逮捕されたの?その理由を解説します!

現在、森友学園の国有地売却における文書改ざん問題が発覚したことによって揺れている安倍政権ですが、そんな問題の当事者の1人でもある籠池泰典(かごいけやすのり)氏は、現在大阪にある拘置所の中で生活を送っています。

つまり、逮捕されちゃっているわけですが、なかなか収束しない森友学園問題のニュースばかりが流れている今日このごろ、そういえば、この籠池氏はいつ、なぜ逮捕されたのかという部分がいまいち曖昧な方もいらっしゃるのではないかと思います。

スポンサードリンク

また、ニュースをつけるといつも安倍総理が森友学園の問題に関する関与を否定しているシーンばかりが流れますが、そもそもいったいこの問題では何がそんなに注目されているのかという部分を知らない方もいるでしょう。

ということで今回の記事では、籠池元理事長はいつ、なぜ逮捕されてしまったのか、その理由について解説しますとともに、その森友学園問題の一連の経緯についてもわかりやすく解説していきたいと思います。

そもそも、森友学園問題とはなんなのか?

現在、逮捕されていますのでメディアの前には姿を現すことはない籠池元理事長ですが、そんな彼は一時期よく報道陣の前に現れ、安倍総理に対してなんやかんやと言っていたことを覚えている方は多いと思います。

ということで、もう1年以上にわたってずるずると続いている森友学園問題ですが、まずはこの問題はそもそもどういうものだったのか、というところから簡単に説明したいと思います。

まず、ことの発端は、籠池氏が理事長を務める学校法人森友学園が、新しい小学校の建設にあたり、国から土地を購入したことにありました。

これ自体は特に問題のないことなんですが、その土地の売却の際、もともと9億5600万円と見積もられていた土地代が、実際に売却される際には8億円以上も値引きされた1億3400万円という格安で売却されたため、ちょっとこれおかしいんじゃないの?という部分が話題になったのです。

そして、この新規に建設される小学校の名誉校長として安倍総理の妻である安倍昭恵夫人の名前があることが発覚し、この8億円という値引きには、政府関係者による何らかの忖度があったのではないか?ということが問題の焦点となったんですね。

そして、その後籠池理事は安倍昭恵夫人を通じて、安倍夫妻から寄付金として100万円を受け取ったという告発をして話題となったのですが、安倍夫妻はこれを否定。

かくして、この論争は泥沼化していくわけなんですが、

その100万円というのはそこまで重要な論点(もちろん大切なところですが)ではなく、やはり1年たっても変わらず問題となっているのが、その8億円という値引きはいったいなぜ行われたのか、というところです。

ちなみに、現在話題となっている森友文書改ざん問題とは、

まず、その土地の売却を巡って作成された文書をまとめて森友文書と呼んでいるのですが、野党側から追及されてその文書のコピーを財務省が提出した結果、実はそのコピーは原本とは内容が異なっていた、というものになります。

つまり、

不正な価格交渉がなかったのか、その証拠として森友文書を見せろ!という要求に対して提出した文書のコピーは、実は原本そのものではなく、かなり改ざんされた文書だったんです。

そして、その文書の改ざんを誰がしたのか?というところがまた焦点となり、安倍総理の関与があったのか?という部分などが注目されていました。

さて、森友学園問題、森友文書改ざん問題について超ざっくりと説明しましたが、今回ご説明するのは、その問題に深く関与したとされる籠池氏が、いつ、なぜ、どんな理由で逮捕されたのか?というところでしたね。

ということで、次にそのあたりのところを説明していきたいと思います。

スポンサードリンク

籠池氏はいつ、なぜ逮捕されたのか?その理由を解説!

森友学園問題が発覚したころは、メディアの前にも度々姿を現していた籠池氏ですが、

そんな彼は現在、大阪にある拘置所のに妻とともに留置されており、つまり逮捕されてしまっているわけです。

では、そんな彼はいつなぜ逮捕されてしまったのかといいますと、実はそんな籠池氏は実に2度にわたって逮捕されているんですね。

その1回目は昨年2017年の7月31日になりますが、この日籠池氏は大阪地検特捜部によって、詐欺容疑で逮捕されてしまいました。この時、籠池理事と一緒に妻も逮捕されています。

その内容としては、籠池氏は今回の問題の発端となった小学校の新設において、その小学校の建設費用を

  • 大阪府私立学校審議会には7億5600万円と提出したのに対し
  • 国土交通省には23億8464万円として提出。

その結果、国から約5600万円の補助金を受け取ったとされ、これが詐欺罪にあたるとされたのです。

ちなみに、その小学校を建設した業者の報告によると、実際の費用は15億5520万円だったそうです。

つまり、ほんとうは15億円で工事できたのに、国には23億かかったよという嘘の報告をして、結果国から補助金をだまし取ったということですね。これは明らかな不正です。

そういうわけで、籠池夫妻はここで1回目の逮捕となるわけですが、

いったん綻びが出ると、どんどんと新たな真相が出てきてしまうものなんですね。

そんな2人は、翌月の8月21日、今度はこれまで運営してきた幼稚園でもいくつかの補助金詐欺があったことが発覚し、ここで2回目の逮捕となりました。

その内容としては、2012年から2016年にかけて、籠池理事長らが管理する塚本幼稚園では、特別な支援が必要な障害がある子供を受け入れました、という虚偽の報告を行い(特別支援が必要な子供の数の水増しなど)、これによって大阪府から約7000万円の補助金を受け取っています。

また、2014年から2017年にかけては、障害のある子どもを受け入れるために職員を増やした(勤務実態のない職員を届け出るなど)として、約2200万円の補助金を受け取っているのです。

また、そのほか細かいところでも計およそ2270万円をだまし取ろうとした疑いがもたれており、再逮捕。

結果、最初の逮捕となった7月31日以降、籠池夫妻はずっと大阪府の拘置所の中に勾留されています。

以上、籠池夫妻は、いつ、なぜ逮捕されたのか、その理由を詳しく説明いたしました。

ただ、正直いくら2人が悪さをしたとは言え、もう8か月近く拘置所の中にいるというのは違和感を覚える方も多いようです。

すなわち、何らかの口封じのために、2人をずっと拘置所に縛り付けているのではないか?との見方もあります。

まとめ

今回の記事では、森友学園の新設をめぐる一連の騒動について解説しますとともに、その学園の新設に深く関与していた籠池氏はいつ、なぜ逮捕されたのか、その理由を詳しく解説いたしました。

籠池夫妻はもう半年以上拘置所内での生活を送っていますが、昨日2018年3月26日に議員によって行われた接見においては、依然と変わらず100万円の寄付があったことを述べ、安倍総理に対する言葉として「うそはいかん」と述べたといいます。

はたして、この泥沼化する森友学園問題はどのようにして収束していくのでしょうか。今後も注目していきたいと思います。

それでは今回の記事は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter アカウント

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)