※探検家角幡唯介のブログやツイッターは?身長やその他彼のプロフィールまとめ!

小さいころ、探検家に憧れたという方は多いと思います。

また、今でもそういう世界中の知らないところを冒険してみたいとふと思う方も中にはいるのではないでしょうか?

しかし、日本人として生まれた我々にとって、「探検家」という職業はあまりなじみのあるものではないですよね。というより、現実的に探検家として生きていくのは難しい、というのは誰でもすぐに思いつくことでしょう。

スポンサードリンク

しかしながら、日本には世界的に見ても非常に珍しく、世界の過酷な土地に挑んでいく探検家がいます。

それが、探検家、兼ノンフィクション作家として活動する角幡唯介(かくはたゆうすけ)さんです。

角幡唯介さんは以下の動画に登場される方です。この動画では、2016年に出版された「旅人の表現術」という新刊のPRをしています。

角幡さんは妻と子供がいる身でありながら、今現在も1年の半分は北極などに出向き探検を続け、その経験を著書として残すという活動を続けています。

ということで今回の記事では、そんな角幡唯介さんのプロフィールについてまとめ、ツイッター、ブログに関する情報など、角幡さんがどんな方なのか詳しくご紹介していきたいと思います。

日本を代表する探検家「角幡唯介」さん、彼が2016年に行った危険な挑戦とは?

日本に生きる我々は普段、整備された町の中で、お金を稼ぎ、嬉しいことや悲しいこと色々なことを感じながら生きているわけですが、

そんな我々とは裏腹に、これだけ様々な技術が発達した現代においても、厳しい自然に挑みながら、探検家としての生活を送っている方々がいます。

そして、わが国日本にも、そんな厳しい自然、そして自分との戦いを繰り返している探検家がいます。

それが、角幡唯介さんです。

そんな角幡唯介さんは、2016年から2017年にかけて、

太陽が昇らない冬の真っ暗な北極圏の中を、GPS無しで約4か月もの間犬とともに旅する

という危険な試みに挑戦しました。遭難したときはまさに死ぬとき。非常に危険な挑戦です。

では、その旅とはどんなものだったのか、参考にある映像がありましたので是非ご覧ください。

この動画を見るだけでも私は感動してしまうのですが、本当にすごい方ですよね。

角幡唯介さんの身長や体重など、プロフィールまとめ!

1年の約半分を探検に費やすという探検家の角幡唯介さん。そんな彼は、身長173cm、体重は75キロで、服の上から見ても分かるほどの非常に絞られた屈強な体格をしています。

そんな角幡唯介さんが探検に目覚めたのは、早稲田大学に入学し、そこで探検部に入ったことがきっかけだったそうです。

それからというもの彼は冒険にのめり込み

チベットにある世界最大のツアンポー峡谷の未踏査部に挑んだり、

その後は、129人が死亡した19正規のイギリス、フランクリン隊の真相を突き止めようと、北極で1600キロもの徒歩行も敢行。

そしてさらに最近では、GPSも携帯も持たず、極夜の北極を80日間犬とともに旅するという挑戦を敢行。

まさに、常に死と隣り合わせといえる挑戦を繰り返してきました。

そして、そういった挑戦の記録を著書として残し、その作品が認められ、これまでに

  • 第8回開高健ノンフィクション賞
  • 第42回大宅壮一ノンフィクション賞
  • 第31回新田次郎文学賞受賞
  • 第35回講談社ノンフィクション賞受賞
  • 第69回毎日出版文化賞書評賞受賞

などなど、様々な賞を受賞しています。

まさに日本、そして世界を代表する探検家で、作家としての才能も素晴らしい角幡唯介さんですが、

そんな彼は現在、妻も子供もいる身でありながら、変わらず探検家としての挑戦を繰り返しています。

では、いったい何が彼をそこまで突き動かすのでしょうか?

スポンサードリンク

角幡唯介さんが探検家としての挑戦をやめない理由とは?

角幡唯介さんは、安心安全な生活ではなく、いつ亡くなるかもわからないような過酷な環境に身を投じる探検家としての生活を、42歳になった現在も繰り返しています。

そんな彼の原動力とはいったい何なのか、そんな彼が求めているのはなんなのかということに対し、まず彼は、「冒険家として、同じフィールドに立つ人間には、負けたくない」と答えています。

そして、GPSもない、携帯もないといったより過酷な環境の中で旅をすることによって、

それによって生じるミスなどは自己責任であること、

そして、自分は世界と深く関わっていると感じられることが、彼が探検というものに魅力を感じるところなんだそうです。

世界的に見ても安全と言える日本に生きる我々にとって、過酷な自然を中でこそ得られる何かを感じることができるかというと、それはなかなか簡単なことではないでしょう。

また、できることなら安全でふかふかのベッドのある家に帰りたいものですよね。

しかし、探検家である角幡唯介さんは、何度でもその過酷な世界にチャレンジし、すでに次の挑戦を見据えています。

なんと次は、地図に頼らない旅をしたいそうで、現在はグリーンランドでの旅を敢行中で、次はカナダを旅するといいます。

はたして彼の挑戦はどこまで続くのか、彼の今後の活躍が楽しみですね。

角幡唯介さんのブログやツイッターは?

角幡唯介さんは探検家なので、普段はそれほど更新していないようですが、その探検から帰ってくると、たびたびブログツイッターを更新しているようです。

角幡唯介さんの公式ブログは以下のURLより移動できます。

⇒https://blog.goo.ne.jp/bazoooka

また、角幡唯介さんの公式ツイッターは以下のURLより移動できます。

⇒https://twitter.com/kakuhatayusuke

気になる方は是非チェックしてみてください(*^-^*)

まとめ

今回の記事では、日本を代表する探検家「角幡唯介」さんについて、彼のプロフィールや、ブログ、ツイッターの情報などをまとめさせていただきました。

安全な生活ができる日本に生まれ、妻や子供もいるのに、世界の過酷な環境へと帰っていく角幡唯介さん。

彼が普段どんなことを感じて生きているのか、非常に気になりますね。

また、彼が行っているのはまさに死と隣り合わせの過酷な挑戦。是非今後もケガなどがないように、気を付けながら頑張っていただきたいと思います。

それでは今回の記事は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter アカウント

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)