【衝撃】ダチョウは実は飛べる?その生態や速度について解説!

「鳥類なんだし、ダチョウって少しは飛べるの?」

と、これまでにふと思ったことがある方も中にはいらっしゃるのではないかと思いますが、

以下の動画の中では、そんなダチョウが見事に飛んでいる様子がとらえられています。(音量0推奨)

すげえ!!!ダチョウ飛べるやん!

と、言いたいところですが…(笑)

実はこれはフェイク映像で、実際はこのようにダチョウが飛べるということはありません。

ダチョウは確かに鳥類の仲間であり、羽を持っていますが、

こちらは現在では求愛行動におけるダンスの時などにしか使用せず、

それ以外の時は常に閉じた状態で、飛ぶのではなく、地上を走って移動します。

しかし、飛べない分その走る速度はかなりもので、

あのウサイン・ボルト選手でさえも、全く相手にならないほどのスピードです。

では、その速度は一体どれほどのものなのか?

ダチョウの驚くべき生態と併せて、詳しく解説します!(^^)

スポンサードリンク

ダチョウはかつて飛べる鳥だった?その生態や走る速度について解説!

ダチョウは現在、数いる鳥類の中でも最も大きな体をもつ鳥であると認められています。

そんなダチョウは、

その卵も世界最大!

その直径は15cmにもなり、

中にはニワトリの卵25個分にもなる身が詰まっています。

また、もちろんその走る速度も並ではなく、

なんとその最高時速は70kmにもなります。

公道を走る車の速度を超えてしまいますね(^-^;

ちなみに、あの短距離走の世界記録保持者でであるウサイン・ボルト選手でさえ、

その最高時速は45kmなので、ダチョウの圧勝です。

また、そんなダチョウは現在は飛ぶことはできませんが、

かつては他の鳥と同様に飛べる鳥であったと考えられています。

しかし、鳥類は今から1億5000万年前には既に登場していましたが、

当時地上を支配していた恐竜が、今から約6600万年前に絶滅をしたことによって、ダチョウの祖先はその後生活圏を地上に移したと考えられています。

しかしダチョウの生態には、まだまだ興味深い部分がいくつもあります。

その1つが、ダチョウの「」についてです。

ダチョウの視力は半端じゃない!

ダチョウの生態の中で特に注目したいのは、その目の大きさと視力の良さです。

人間の目は、その直径は約2.5cm、重さは7gほどですが、

ダチョウの目は、その直径が約5cm、重さは60gと非常に大きいのが特徴です。

その頭の小ささから考えれば、この目がいかに異常に発達しているかというのがよくわかるでしょう。

ちなみに、ダチョウはその目の大きさがまず凄いですが

最近になって、

世界一の視力を持っているということもわかりました。

人間は、視力2.0だと非常に良いという話になりますが、

なんとダチョウは

視力が25もあるということが分かったんだそうです。

一説によると、40m以上離れた場所にいるアリの動きまで見えてしまうんだとか。

恐るべき視力の良さですよね(^-^;

ダチョウの生息域はアフリカで、ライオンやチーターなどの大型の肉食獣がいますから、そういう猛獣の気配をいち早く察知するためにその視力を発達させたのではないかと考えられます。(下の画像だと左奥にダチョウがいますね。)

ちなみに、ダチョウは視力は世界一ですが、目の大きさ自体は世界一ではありません。

世界一の目の大きさを誇るのは、

あの海の珍しい生き物

ダイオウイカ」で、

その大きさは直径30cmにもなり、例えるならバスケットボールほどの大きさがあります。

ちなみにダイオウイカは、その体長は最大18mにも達するといわれています。

ただ「世界最大の生物」はダイオウイカではなく、

こちらは「シロナガスクジラ」に軍配が上がります。

なんと、その体長は最大34mにもなるのです。

まさに、生きている潜水艦という感じですね!

スポンサードリンク

ダチョウは目は良いけど…

頭の大きさに対して非常に大きな目を持ち、世界一の視力を誇るダチョウですが、

実は、そんなダチョウはしばしば頭が悪いといわれてしまいます、

実際、ダチョウはあまり記憶力が良くないといわれているのですが、

ダチョウは、

なんとその脳の重さが40gしかありません。

眼球1個の重さが60gですから、なんと目よりも脳の方が軽いのです。

そういうわけで、ダチョウはバカだとよく言われてしまいます…残念(笑)

ちなみに、人間はダチョウより目は小さくて軽いですが、脳の重さは1500gほどあります。

厳しいアフリカで生きていくために、脳の機能は最小限に抑えてそれほど発達させず、目の機能を飛躍的に向上させたという変わった進化を遂げた鳥類なんですね。

まとめ

今回の記事では、ダチョウの生態や特徴について詳しく解説しました。

ちなみに、ダチョウは許可さえとれば日本でもペットとして飼うことができます。

ただ、そのために広い庭を用意しなければなりませんが、実際これをペットとして飼っていらっしゃる方もいるようです。

しかし、ダチョウは鋭い爪を持っていて、非常に強力な蹴りを放つので、なかなか飼うのは怖そうですね(^-^;

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter アカウント

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)