※南極と北極はどちらが寒いの?⇒答えは南極!

北極と南極、なんとなくどっちも寒そうだけど、

結局どちらが寒いのか?とふと疑問に思ったことがある方も多いはず。

結論から言うと、より寒いのは

南極」です。

北極も寒いことは間違いありませんが、南極はその平均気温が北極に比べて20℃以上も低く、

世界の最低気温を記録したのも南極で、

その温度は-93.2℃と超極寒。これは、2010年の8月10日のことでした。

ただ、そんな寒すぎる南極にも動物がいます。ペンギンさんです。

人間ならまず死んでしまいそうですが、ペンギンはそんな寒さにも耐えてたくましく生きているんですね。

さて、ではなぜ南極は北極よりも寒くなるのでしょうか?

その理由を詳しく解説します(^^)

スポンサードリンク

北極よりも南極の方が寒くなるのはどうして?

まず、先ほど「ペンギン」は南極にいるという話をしましたが、
このペンギンは、北極にはいません。

また、北極というと「ホッキョクグマ」が有名ですが、
このホッキョクグマは、逆に南極にはいません。

このように、まず南極と北極はその生態系が異なります。

また、これも聞いたらびっくりするかもしれませんが、

地球上の氷の約9割は南極にあります。

北極地方にあるのは、残りの約1割程度にしすぎないのです。

つまり、南極の方が圧倒的に氷が多く、それゆえに南極の方が寒いということがわかりますね。

では、これは一体なぜなのかというと…

そもそも、南極と北極とは

地球の「自転」に対して垂直に線を引いたときに、その線が地球を突き出る2点である

ということは、皆さんも理解できていることと思います。

地球は24時間で一周自転していますよね。

では、その2点にはどのような地域が広がっているのかというと、

実は、
南極点は陸地の上にありますが、
北極点は海の上にあるのです。

「南極大陸」は耳にしたことがありますが
「北極大陸」って聞いたことがないですよね?

これが、南極と北極の温度差に大きく影響してきます。

結論を言うと、

北極は海の中にあるため、周りからその北極に向かって、
あたたかな暖流が流れ込んできます。
そのため、陸地にある南極に比べて、温度が比較的高くなるのです。

また、南極は大陸の上にあるため、
北極よりも標高が高くなります。
当たり前ですが、標高が高いほど温度は低くなりますので、南極の方が寒くなるのです。

つまり、南極は暖まりにくい環境にあり、かつ標高があるので寒い!ということですね

また、その景色をイメージしてほしいのですが、

北極は海なので、その上に
最大で約10mほどの氷が浮かんでいます。

一方、南極は陸地であり、雪などが堆積しやすいので、
最大で3000m以上にもなる氷の塊が存在しています。

つまり「氷河」と言われている分厚い氷の塊は、北極点にはありません。

そもそも、氷河とは、降り積もった雪が分厚い氷の塊となって、高山などから押し出されたもの。そのため、陸地があり、高山がある南極には氷河がありますが、北極にはないのです。

しかしながら、北極から少し離れたグリーンランドには、陸地なので氷河が存在しています。ただしその量は南極のものに比べれば微々たるものです。

スポンサードリンク

南極と北極の生態系の違い

先ほど、南極北極の生態系の違いについてちらっと説明しましたが、もう少し具体的に解説します。

ただ、その生態系の違いとしてやはり意外なところは、

ペンギンが北極にはいない!

というところですね。ホッキョクグマが南極にはいないということについては、名前からもわかりますので、それほど驚かれる方もいないでしょう。

では、あの愛らしい「アザラシ」は?というと、

実はこちらは、南極地方にも北極地方にも生息しています。しかし、それ以外の広い海域においこのアザラシは見られるので、実は極地だけにいるというわけではないのですね。

ただ、もちろん極地でしか見られないアザラシもいて、

北極では

  • アゴヒゲアザラシ
  • ワモンアザラシ

などがみられ、

南極では

  • カニクイアザラシ
  • ヒョウアザラシ

などが見られます。(世界には現在計18種類のアザラシがいます。)

ちなみに、アザラシというと可愛いイメージがある方も多いと思いますが、南極で見られるヒョウアザラシは、体重は最大500Kg、体長も4m近い大きさになり、肉食で非常に獰猛なアザラシとして知られています。

ペンギンもしばしば食べられてしまっているようです…!

また、あの長い牙が特徴的なセイウチは、北極に住んでいます。

このように、北極と南極というどちらも寒い地域には変わりありませんが、その生態系には違いがあるんですね。

まとめ

今回の記事では、南極と北極はどちらが寒いのか、その違いや、生態系などについて解説しました。

ちなみに、南極は大陸になっていますが、ここはどこの国の所有物でもありません。南極条約という条約によって、どの国でもそこに踏み込んで良いことになっています。

だからこそ、南極には日本の「昭和基地」をはじめ、様々な国の観測基地が建っているんですね。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

こちらの記事はいかがですか?⇒知れば知るほど面白い!星が光る理由とは?

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter アカウント

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)