【※解説※】地球の地軸にはなぜ傾きがあるの?その理由とは?

私たちの住んでいる地球は、1日24時間をかけて
自転」をしており、

さらに1年365日をかけて、太陽の周りを1周する
公転」を行っています。

自転は朝と夜を生み出し、公転は季節を生み出します。

この2つの回転運動が極めて重要なものであるということは、もはや疑いようがありません。

しかし、地球はその地軸が、

その公転軌道に対して傾きを持っているということは皆さんもご存知ですよね?

この傾きがあるために、豊かな季節の変化が生まれているのです。

では、なぜ地球はその地軸が傾きを持っているのでしょうか?

その理由を詳しく解説いたします。

スポンサードリンク

地球の地軸が公転軌道に対して傾きを持っている理由とは?

地球は太陽の周りを楕円軌道を描きながら1年をかけて周回していますが、

その地球の地軸はその楕円軌道に対して、

現代は約23.43度の傾きを持ちながら移動を続けています。

ちなみに、その地軸が地球を貫く場所にある2点が、北極と南極です。これらの地域は太陽からの日光が当たりづらいため、1年を通して寒冷な気候となりますが、北極や南極でさえ、その地軸の傾きの影響から季節によってその温度は変化します。

では、このような地軸の傾きは一体どのようにして出来たものなのかというと、この理由を知るには、

今から46億年前の出来事を振り返らなければなりません。

まず、私たちが住んでいるこの地球は、まさに今から46億年前に形成されました。それから、地球上で初めて生命が誕生したのは、8億年ほど後のことです。

そして、その地球が誕生して本当に間もないころ、ある一つの事件が起きました。

それが、地球の半径ほどの直径を持つ原始惑星の衝突です。

これは、分かりやすく言うと今の火星と同じくらいの惑星が地球に衝突したことになります。

これが地球に斜めに向かって衝突してきたことにより、地球はその回転軸をずらされることになり、

それから46億年たった今も、その衝撃の名残がその傾きとして残っているのです。

この説は

ジャイアント・インパクト説

と呼ばれ、その傾きを説明する最も有力な説として知られています。

また、この仮説によれば、ジャイアント・インパクトによって粉々に砕けた天体の破片は再度1つに集まり、

それが、今日の「」として残ったのだと考えられています。

スポンサードリンク

地球が描く楕円軌道

地球の地軸が楕円軌道に対して23.43度も傾いているといいましたが、ここでその地球は実際どのような軌道上を周回しているのか、もう少し詳しく見ていきましょう。

まず画像で説明すると、地球と太陽の位置関係、そしてその傾きなどから、以下のように様々な特徴を持ちながら地球は太陽の周りをまわっています。

この図を見ていただければわかりますように、実は太陽は、地球が描く軌道の中心にはおらず、それより若干ずれた場所に存在しています。

というのも、ここまでに何度も申し上げましたように

地球は「楕円軌道」を描きながら太陽の周りをまわっています。

すると、その楕円軌道には2か所の焦点があるのですが、太陽はまさにその2つの焦点のどちらかにいることになるのです。

ちなみに、宇宙に存在する公転する星は、全てこのような楕円軌道を描きます。これは様々な力がお互いに干渉しあった結果生じるものです。例えば、太陽は地球と引き合っていますし、地球は月とも引き合っています。さらに、実はその太陽も、日々天の川銀河の中を移動し続けているのです。

天の川銀河の中心には太陽質量の300万倍もの質量を持つブラックホールが存在していると考えられており、太陽はその銀河の中を約2億年かけて公転しています。

2億年と聞くと非常にゆっくり進んでいるように思えますが、

実は太陽は秒速約200kmというすさまじい速度で銀河の中を移動しています。

しかしながら、天の川銀河はその直径が10万光年もあるため、2億年というすさまじい歳月がかかってしまうのです。

光の速度は秒速300000km(30万km)ですが、その速度で銀河を横断するのに10万年かかるわけなので、

そう考えると、確かに秒速200kmというのは、スローモーションのように感じることでしょう。

まとめ

今回の記事では、地球の地軸にはなぜ傾きがあるのか、その理由を詳しく解説しました。

もしもこの地球の地軸がほとんど傾きを持っていなかった場合(0度の場合)は、日本には今のような豊かな季節の変化は存在しません。

1年を通して同じ季節となり、さらに赤道も1年を通して太陽の光をまっすぐ受けることになるため、より気温が上昇することも間違いありません。

逆に、南極や北極にはほとんど光が当たらなくなるため、今以上に寒冷化が進む地方になります。南極では現在でも最低気温-93.2度を記録していますが、-100度をついに下回ることになるでしょう。

そもそも、この地軸の傾きがもしなかったとしたら、生物は全く違った進化を遂げ、私たち人間は存在していなかったかもしれません。というより、その可能性は非常に高いですね。

普段はあまり意識することはありませんが、この地球の地軸の傾きは季節の変化を生み、様々なところで私たちに恩恵をもたらしてくれているのです。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter アカウント

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)